兵庫県明石市・神戸市を拠点に【未病を予防】し【人生を目覚めさせる】サポートをしています。

七情(しちじょう)

七情(しちじょう)

中医学においては疾病の原因になる病因のうち

感情や精神の行き過ぎた起伏が引き起こすものを

『内因』と言います。

それは七情と呼ばれる、7種類のものです。

その7種類とは【喜、怒、思、憂、悲、恐、驚】です。

『黄帝内経』ではこれら七情と五臓の関係を

次のように説明しています。

喜は心を傷(やぶ)り、

 怒は肝を傷り、

 思は脾を傷り、

 憂(悲)は肺を傷り、

 恐(驚)は腎を傷る

また、あるいは七情と気の関係では

怒ると気は上り、

 喜ぶと気はゆるみ、

 悲しむと気は消え、

 恐れると気は下り

 寒いと気は縮まり、

 熱があると気はもれ

 驚くと気は乱れ、

 疲労すると気はすりへり

 思うと気は鬱滞する

と言われます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional