兵庫県明石市・神戸市を拠点に【未病を予防】し【人生を目覚めさせる】サポートをしています。

プロフィール

プロフィール②

 椎 結子( しいのき ゆうこ )

  Yu-cocoro office 代表
  1961年 兵庫県生れ

短期大学で国文学を学び、児童書販売会社に就職しました。
そこで児童文学と出会い,、多くの名作・名著に接しました。
同時期に地元の手話サークルに所属し、二十代前半はその活動に没頭する日々を送っていました。

その後 転職・結婚して、共働きをしていました。
第一子を勤務中に出血して流産し、次の妊娠も安静が必要になったため退職しました。
その後、専業主婦となり子育て中心の生活を送ることになりました。

夫が福岡に転勤になり、その福岡市で子育て支援を学びました。
 *『まなびボランティアカレッジ(子育てボランティア養成コース)』
  主催:福岡市教育委員会&(財)福岡市女性協会
その後、その講座で共に学んだ友人の呼びかけで7人の仲間と共に、地域ぐるみの子育てをすすめるひだまりの会の立ち上げに関わりました。
子育てサロンを数回開催した時、再び夫の転勤により兵庫県明石市に戻ってきました。

心理学やカウンセリングは中学生の頃から興味がありました。フロイトやユング関連書籍などを読み、当時NHK教育テレビで放映されていた心理学講座を見て学びました。

福岡で学んだことを社会に還元できる場を探すうち、繋がったご縁から本格的にカウンセリングを学び始めることになりました。
25年の歳月を経て学ぶ機会が巡ってきたのでした。42歳でした。
今思えばかつて大学の心理学部には縁がありませんでしたが、必要のなかで学ぶ機会が訪れ、本当によかったと思っています。
 *『KMCカウンセラー養成カレッジ 』( 顧問 筑波大学名誉教授 故内山喜久雄氏。日本カウンセリング学会研修基準に準拠する養成カレッジ。現在は開校しておりません。)

数年間カウンセリングを学んだ後、十数年のブランクを経て念願の心理カウンセラーとして再就職しました。

公的機関のカウンセラー、民間カウンセリングルームのカウンセラー(EAP)を経て、2009年4月友人の勧めで Yu-cocoro office を始めることになりました。


再就職後に、自分自身が体調を崩して退職した体験から
こころの問題を考えるとき、からだの健康は切り離して考えることはできないことを体験しました。
そして、病気になってからでは治療に時間も費用もかかることも分かり、予防することの必要性を感じました。

心身両面からのカウンセリングを目指していたとき、
予防医学としての中国伝統医学(中医学)を学ぶ機会が訪れ、2009年4月よりライセンスレベルの学びを始めまた。

心理学やNLP(神経言語プログラム)関連の技法、中医学(東洋医学)の基礎と、養生法(含む食養生)などもオリジナルに組み合わせ、セミナーとしてお伝えしています。

また、健康を考えるときには心身に加え「Spiritual」についてもWHOの健康定義に加えられるようになりました。

ターミナルケアの中では、自然に扱われている「魂」の部分が、まだまだ一般的ではないと感じていました。
しかし、2011年の東日本大震災以降こころの深い部分のケアが必要であることが認識されてきました。

心身だけではなく、魂の癒しの必要性を感じました。

見えない世界は、それゆえに玉石混合ですが
伝承者によって代々受け継がれている日本古来の叡智を、技法として直伝で学びました。必要と感じた方には、織り交ぜて活用しています。

そして2018年、ホリスティク医学の原点といわれるエドガー・ケイシー療法と出会いました。医療現場でも徐々に認識されつつあるその療法には驚くべきものがあります。
『CARE(ケア)』で表現される、健康の維持回復に欠かせない基本原理は、まさにセルフケアの原点であり、心身とSpiritualが繋がりあっていることを教えてくれます。

また、ホリスティクの父といわれるエドガー・ケイシーの遺した叡智の範囲は広く、いかに生きるかということについても深い示唆があります。
現在、継続して学び中です。

一人ひとり異なるわたしたちは、誰一人として同じ者は存在しません。そのため波動の合う合わないは、必ずあります。
そしてそれは、タイミングとも関係します。

Yu-cocoro officeは ホリスティクの視点に立ち、柔軟な立場で
それぞれの方の人生が、こころも からだも「Spiritual」も健康で、本来の人生の目的に調和した生き方に近づく ためのお手伝いが出来ることを希っています。


資格・経歴等

日本カウンセリング学会 正会員

ジェネラティブ・コーチング プラクティショナー
 国際ジェネラティブチェンジ協会認定

米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
生涯学習開発財団認定 マスタープラクティショナー

サンタフェNLP/発達心理学協会認定 マスターレベル1

LAB(language and behavior)プロファイル プラクティショナー

メンタルヘルスマネジメント検定 Ⅱ種
 (大阪商工会議所検定試験)

KMC認定 心理カウンセラー
(KMC = 顧問 筑波大学名誉教授 故内山喜久雄氏。
 日本カウンセリング学会研修基準に準拠する養成カレッジ。
 現在は開校しておりません。)
KMCカレッジ 講師
 
福祉カウンセリング協会 認定福祉カウンセラー
(財団法人日本生命済生会 講座修了)

NPO法人子育て支援ダイヤル 電話相談員 

中医経絡セラピスト(神戸中医美容整体学院)
中医経絡美容整体師(神戸中医美容整体学院)

中医食養生アドバイザー(神戸中医美容整体学院)

茶養生講座全過程/五行総体論 修了(神戸岩茶荘)
眼心(診)技法「辨治方」履修済(神戸岩茶荘)
眼心(診)技法「実践方」履修継続中(神戸岩茶荘)2014.9~
(現在、眼診は眼心と表記されています。)
*眼心(診)技法につきましては、神戸岩茶荘より正式認定されている者はおりません。
また、眼心(gan shin)は神戸岩茶荘の登録商標です。類似技法にご注意ください。

タッピングタッチ協会 認定講師
(退会いたしましたので、現在は認定講座は開催しておりません)
*発行済みの受講証明は有効です。ランクアップ受講される場合は持参ください。

神戸市手話講習会 講師

セミナー・講座等実績

☆★自主開催セミナー★☆

 『季節の養生法~中医学の視点から~(春・夏・秋・冬)』(2010.9~)
 『タッピングタッチ 基礎講座』(2012.2~2018)
 『メンタルヘルスとセルフケア』(2012.9~)
 『中医学入門講座』(2013.10~)
 『こころとからだの養生法』(2015.3~)

★☆出張講座・講演等☆★

 カウンセラー養成KMCカレッジ研究課程
  『発達心理学 女性のライフサイクル』(2007.7)
 京都府立学校養護教諭研究会 京都市内支部ブロック 様
  「タッピングタッチ基礎講座」(2012.12)
 和歌山県看護協会 日高地区支部 様【会員研修会】
  『バーンアウトの予防とタッピングタッチ体験』(2013.3)
 福岡県福岡市中央区薬院 フォレストハート 様
  「タッピングタッチ基礎講座 A 」(2013.7)
 大阪府大阪市城東区 ぱれっと 様
  「タッピングタッチ基礎講座A」(2013.7)
 福岡市北九州市小倉北区 月の想 様
  『 陰陽五行の基礎(中医学入門講座①)』(2013.10)
 大阪府大阪市中央区 CANVAS谷町(大阪ボランティア協会内)
  「タッピングタッチ基礎講座A」(2013.11)
 大阪府大阪市中央区 ドーンセンター
  「タッピングタッチ基礎講座A」(2014.1)
 兵庫県 高砂市社会福祉協議会 様
  『話し相手ボランティア入門講座』(2014.6)
 明治安田生命保険相互会社 様
  『タッピングタッチ体験教室』(2014.12、2015.1・6)
 兵庫県 高砂市社会福祉協議会 様
  『熟年ボランティア入門教室』(2015.2)
 兵庫県 高砂市社会福祉協議会 様
  『傾聴ボランティア養成講座』(2015.6)
 兵庫県 高砂市社会福祉協議会 様
  『熟年ボランティア入門教室』(2016.2)
 大阪府 地域包括支援センター 布市福寿苑 様
  「タッピングタッチ体験会」(2016.2)
 Code Soilカフェ様 コラボセミナー
  「タッピングタッチ基礎講座A」(2016.6)  
 兵庫県 高砂市社会福祉協議会 様
  『傾聴ボランティア養成講座』(2016.6)
 兵庫県 高砂市傾聴ボランティアサークル”ぽっぽ”様
   フォローアップセミナー「タッピングタッチ基礎講座A」(2016.7)
 Code Soilカフェ様 コラボセミナー
  「陰陽五行の基礎と養生~こころとからだの養生法1~」(2016.9)
 高砂キッズスペース様〈学童保育学習会〉
  「子どもの発達段階に応じた対応」(2016.11)
 兵庫県 加古川市社会福祉協議会 様
  「タッピングタッチ基礎講座A」(2017.11)

 

 
*その他、兵庫県明石市でのセミナー各種


イメージアート ☆ 円 は 縁 を 呼 ぶ ☆

「円は縁」



  ☆ 円 は 縁 を 呼 ぶ ☆
     (イメージアート)


私を表す真ん中の大きなオレンジ色の円の周りに、大小色とりどりの円たち浮かんでいます。






作者の Mary Orangeさんから、以下のメッセージが添えられていました。

周りの円、それらは縁のある全ての人、モノ、事柄であり
そのひとつひとつを大切にしてほしいというメッセージを感じました。
そして、その縁を大切にすることが、自身を成長させ
多くの(有形・無形の)モノを手にすることができるのではないか
そしてまた、円のように丸く穏やかな気持ちでいることは
円満な人間関係を保つには大切なことのように思います。












powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional